×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

アルテッツア

 

 

「トヨタ渾身の本格的FRスポーティーカー」との大々的なふれこみが登場のだいぶ

前から流れていた。姿を現す前から雑誌などでは待望特集が組まれ、想像イラスト

なども掲載された。記事を読めば、「トヨタのスカイライン登場か?!」という感じの大物扱いであった。

 

アルテッツァ

 

 

1998年登場のその姿は、大仰なふれ込みとは異なる印象のものであった。

第1印象は「寸詰まりのプレミオ」。当時セダンとしては大いに売れていた

コロナプレミオのオーバーハングを詰めた程度のデザインにしか見えない。

 

コロナプレミオ

 

トヨタとしては「FRを出す。」というだけで精一杯だったのであろう。ボディデザインは

大外れしない、ということが最大目的のような無難なものであった。確かに拒否は

されなかったようだが、前評判があまりに高かったせいもあり失望も産んでしまった

ようで、アルテッツァ人気は急速に萎んでいった。

 

 

アルテッツァ後方

 

 

プレミオ後方

 

そもそも、FR待望論などそれほどあったのだろうか。よく、ドリフトするにはFR!などと

真顔で言う人がいるが、その中でいったいどれほどの人が実際ドリフトさせながら車を

運転しているというのか。どこにそんな場所があるというのか。疑問である。一方、雪国

ではそのつもりはなくともFRは尻振りをする。ただでさえ路肩の積雪で狭くなっている道で

これは大変危険である。日本の半分以上を占める積雪地帯にFR待望論などは育たない。

 

しかし、それでも僅かにいるFRファンをつかむにはこのボディデザインは貧相であった。

その上、その名は「ある鉄つぁん」みたいで日焼けにタオルはちまきのオジサンが思い浮かぶ。

 

 

 

 

TOYOTA  NISSAN  MITSUBISHI  MAZDA  HONDA  DAIHATSU  SUBARU  SUZUKI  ISUZU    

掲示板 

TOPへ