×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

アヴァンシア

 

 

 

ホンダの短命車には時折、デザイン的には佳作と思われるものが散見される。

 

 

ホンダアヴァンシア −−− 1999年に現れたワゴン状の車体は、写真で見る限りは

どうということもない。けれども実車を前にすると「これはちょっと違う」ということがわかる。

 

後部ゲートの下端部の高さ、ゲートの小ささはこれが貨物車ではないことを表している。

バンでないのはもちろん、ワゴンですらない。言うなれば5ドアハッチバックである。

 

 

 

フロントスタイルはいかにもホンダ臭い、とりたてて見るべきものも感じられない車であるが

リアスタイルは独特の雰囲気を持っている。実用を感じさせないところが美点というのも変であるが

事実そうである。しかし、消費者はその実用性を度外視したデザインには反応せず、ワゴン・ミニバン

全盛の当時でさえ、日陰の存在から抜け出ることはなかった。思想的には1985年のアコードエアロデッキ

に通じるものが感じられ知的な雰囲気が漂うが、乱造されるワゴンに紛れてしまい、存在を確立することが

難しかったのであろう。むしろ、エアロデッキ同様の3ドアスタイルで現れた方が際立った存在感を示せたかも

           知れない。

 

アコードエアロデッキ

 

30年ほど前まではほとんどどの車種にもあった2ドアバンも、現在では全く見られなくなった。

4ドアのみに統一した方が部品の効率がよいことと、何より売れ行きを考えてのことと思うが

2ドアバン絶滅の今、敢えて出してみれば個性は強調できると思う。台数が売れるとは思わないけれども。

 

昔は珍しくなかった2ドアバン

 

 

アヴァンシア  1999年登場  1代限り

 

TOYOTA  NISSAN  MITSUBISHI  MAZDA  HONDA  DAIHATSU  SUBARU  SUZUKI  ISUZU  

                                                                           

リンク    掲示板   TOPへ   雑感