×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

ベルタ

 

 

 

ヴィッツのセダン版であるプラッツの後継として2005年に登場。

ヴィッツに比べて大いに不振だった前作への反省から、ヴィッツの外板を流用しない方針が示され、デザインの自由度を増した。

 

 

せっかくヴィッツとのデザイン上の訣別を手に入れながら、余りその効果があったとはいえない

仕上がりである。プラッツと同様のずんぐりむっくりセダンに変わりはなく、顔つきだってヴィッツと大差ない。

 

注目すべきは車ではなくその名であった。「ベルタ」(イタリア語)とは英語で言う「ビューティー」(美しい・美人)

だというのである。この肥大した体、腫れぼったい顔、エラの張ったあごを持つこの車に「美」の名を与えた感覚。

 

 

 

 

かつてトヨタは「絶世の美車」といわれる車を生み出した時でさえ、愛称を与えなかった。

単に「2000GT」と名付けたのみである。当時はボディスタイルよりその性能をアピールしたかった

という戦略もあったであろうが、世間はその美しさを褒め称えた。

 

 

美人とは、自分から名乗るものではない。また、名乗ったから美人に成れるというものではない。

この小太りのエラ張り娘に「美人」の名を与えた命名者の眼には、本当に美しく見えていたのであろうか。

 

 

 

娘が生まれたときに、大きくなったら美しく・・・との想いを込めてその名に「美」を盛り込むということはあるが

あまりに華美な名前を付けるのは考えものである。成長後にその名に似ても似つかないジャガイモのような

娘になってしまったなどというのはよくあることで、親心が逆にあだになる危険な行為なのである。

 

トヨタ美人の顔

 

 

 

TOYOTA  NISSAN  MITSUBISHI  MAZDA  HONDA  DAIHATSU  SUBARU  SUZUKI  ISUZU    

掲示板 

TOPへ