×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

どこでも停止所

 

 

走行中の携帯電話使用が法律で禁止されて以降も、相変わらず通話しながらの

運転を目にすることは多い。しかし一方、停車しての電話使用を目にすることも多くなり

法律制定は不完全ながら一定の機能を見せているようだ。では、路上がいくらか安全に

なったかというとそうとばかりも言えないのが難儀である。では、いったい何が危険なのか

というと、走行中の携帯電話使用を禁止した法を順守している車たちなのである。

 

 

 

「かかってきた電話をとるときは停まりましょう。」

素直にこれを守り、走行中に電話がかかるとその場に車を停止し、会話を始める人が

確実に増えている。細い道でも、バイパスでも,である。狭い道幅の渋滞路でその渋滞の先頭を

確認すると、車内で楽しそうに電話で会話するおばちゃん。平均時速80km近くのバイパスで急に

停止し、いそいでポケットの電話を取り出すおじちゃん。悪気のないそれらの人々が周りに危険を強いている。

 

運転中の携帯電話の使用なら、事故があった際にも本人の責任を追及できる。しかし、

停車しての電話使用の際には、これを追い越そうとした車と対向車の接触だったりする

場合が多く、電話使用者は当事者ではなくなる。だから余計たちが悪い。周りで事故が

起きても、電話での会話をやめ、何事もなかったように現場を立ち去ればそれで仕舞である。

 

運転者が車内で携帯電話を使用することは、走行中、停車中双方の場合で制限が必要。

 

 

TOYOTA  NISSAN  MITSUBISHI  MAZDA  HONDA  DAIHATSU  SUBARU  SUZUKI  ISUZU  

                                                                      

 

リンク    掲示板   TOPへ   雑感