×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

S−MX

 

 

乗っているだけで人格が疑われる車.....そんな稀少な例がこれである。

たかだか車でそんな大げさな、とも言いたくなるが、この車は別だ。

キャッチコピーの「恋愛仕様」...これが2ドアクーペのものならばいいだろう。

しかし、こいつの場合、このコピーは映倫ものなのである。

 

なさけないコンセプト

 

この車のコンセプトは「動くラブホテル」。つまり、カーSEX専用車なのである。

確かに今までなかった斬新なアイディアなのかもしれない。だが、こんなものを

こんなコピー付きで市販車として出すホンダには白い目を向けざるを得ない。

 

この車のデザインはステップワゴンの短縮版で、外装を見る分にはどこを見ても

手の掛かったデザインが施された形跡はない。しかし、内装は手が込んでいる。

完全フルフラットシート。これこそこの車の命。車内ダブルベッドである。シートを

倒し込んだ枕元にはティシュケース、コンドームトレイ... 

             

「若者が求めるものを作りました。」とホンダは言うだろう。実際、この車には

さらに公式ローダウン仕様なんてものまである。しかし、そこまで媚びての商品

開発とは何であろう。「いつでもどこでもヤリたい時にどーぞ。」と、下半身に訴えて

まで売りたいという姿勢を恥ずかしいとは思わないんだろうか。           

 

ホンダはカブに始まりF−1、Sシリーズと多くの神話を持つ稀少な自動車メーカー

であった。その神話に憧れた者も少なくない。常にその時代への挑戦を打ち出すような

姿勢は当時、自動車メーカーとしては弱小だったホンダを自然に応援させるものであった。

だが、その印象は吹き飛んだ。今や「売れれば何でもいい」というレベルに成り下がった。

 

セールスマンが「ホテル代が浮きますよ」と薦める。その結果日本全国で路端に停めたS−MXが

ヘコヘコ上下に揺れ動いている。恥のないホンダの開発陣はこの様子を本田宗一郎に見せることができるのか。                                                    

 

中古車としても最もイヤなタイプの車である。どこの誰かの体液まみれの中古をあえて求めて

乗っている者もまた、人格を疑われてしかるべきである。 

 

別名 S−EX 

 

 

TOYOTA  NISSAN  MITSUBISHI  MAZDA  HONDA  DAIHATSU  SUBARU  SUZUKI  ISUZU  

 

リンク    掲示板   TOPへ   雑感